ビスケットを使って枠の取り付け!

「ここはインロー入れる?」

家具屋さんとの打ち合わせでよく聞くインロー。

インローとは凸凹のこと。

水戸黄門さんの印籠の構造のことみたいです。

インローのひとつとしてビスケットがあります。

ビスケットとは?

・「ビスケット」とはこれ。

見た目がビスケットだから、そのままビスケットと言います。溝の加工は専用の機械を使います。

ズレずに取り付けできる!

今回は玄関枠に更に枠を取り付けて枠の幅を大きくします。

旧家のリフォームで壁の厚みが大きく、開口の枠も大きくする必要がでてきたんです。

無垢材でここまで幅広のものはなかなか取れないので2枚を合わせることに。

ビスケットの溝加工をして、ボンドを入れてビスケットも入れて、2枚を合わせます。

あとは見えないところからビスなどで固定して完了。

1枚目と2枚目を1ミリずらしたいのも、ビスケットで調整してぴったりです。

水で膨らむビスケット

ビスケットは圧縮材なので、水を吸うと膨らみます。

木工用ボンドの水分で膨らむことで、中でしっかりよくききます。

できてしまうと見えないですが、インローはあちこちにあります!

キレイに仕上げるためにいろいろと仕込みがされているんですね。

以上
ビスケットを使って枠の取り付け!でした!

コメント