羽子板ボルト 建前の準備

羽子板ボルトをカゴに入れる

建前の準備で構造用金物の羽子板ボルトを準備します。方法は2つ

  • 全てバラす
  • 仮組みする
広告

羽子板・かんざし・ナット・座金、全てバラして分ける

羽子板は羽子板のみ、かんざしもナットを外して、ナットはナットで準備します。
建前時、羽子板係は羽子板ばかり刺していき、その後ろをかんざしボルト係がまわり、座金ナット係がまわり、本締めしていく。このように各パーツ係になって2~3人が順繰り回っていきます。

  • メリット:準備が楽。ナット外して種類別に置いておくだけ。
  • デメリット:慣れたチームでないと上手くいかない。
広告

羽子板・かんざし・ナット・座金をセットで仮組みする

羽子板ボルトにかんざしを通して、座金も2つ通して1セットにしておきます。

  • メリット:配りやすい。桁梁の上に羽子板ボルトセットを配って、あとはみんなで取付固定。
    デメリット:準備にけっこう時間がかかる。

いつも羽子板セット方式でした。一度全部バラしでやってみましたが、チームワーク揃わず余計な手間がかかってしまいました。しかもどこにどのボルト入れるか全員が把握していないと難しい。

羽子板ボルトにかんぬきをセット

今は羽子板セット方式に落ち着いています。他にもっと良い方法あれば教えてください。

コメント