スポンサーリンク

軒先 軒天下地(ケイカル張りの場合)

一度経験した施工方法をストックするためブログに残しています。

軒天 ケイカル張り塗装仕上げの場合の下地。
3040材と12mm合板で下地をつくり、垂木2本づつごとに(910mmピッチ)釘打ちにて固定。
3040材を30mmを成にしてビスどめ。(釘打ちだと、下地が動いてしまう恐れがあるため。)

ポイント
ケイカル下地は3040材なら尺ピッチ。
受け材スパンは910ピッチ。

今回は外壁 Kスパン仕上げなので横胴縁で2尺ピッチ。

コメント