スポンサーリンク
↓お知らせ↓
名古屋市の古民家・町家の施工会社

名古屋市東区に施工会社をオープンします!!

リフォーム見積もり、金額の「概算」って必要??

リフォーム

「リフォームしてみたいけど、いくらかかるのか見当もつかないわ」

いちばん簡単なのは「リフォーム業者に見積もり依頼する」ですが
もしかしたらしつこい営業さんかもしれない…
それに、見ず知らずの人にいきなり家の中見られるのは抵抗がある…

予算の中で、どれくらいのリフォームができるのかをまずは知りたい。。

そんな時は概算が目安になります。

概算は必要??

リフォームを計画するとき、予算は重要なポイントになります。
みなさんがよく「予算の目安」として参考にされているのが「チラシ」です。
「概算なんて知らなくても、リフォーム会社のチラシを見たら金額が書いてあるじゃないの。」

浴室→ユニットバス交換58万円〜のように、チラシには明確に金額が掲載されています。
でも、大抵〇〇円〜というようにが付いています。
実際に見積もりをしてみたらチラシ金額とはかけ離れて高くなったというのはよくあります。
逆にチラシより安くなった!という話は聞きません。

世間一般のリフォーム相場は、じつはだいたい決まっています。
相場=概算

概算はあくまでも概算ですが、具体的な予算をつかむ手がかりになります。

概算と見積り

概算金額を把握してから実際に見積もりを取ると
目安よりかなり安い場合は
「何か抜けている」
もしくはかなり高い場合は
「設備のグレードなどが高い」
というようなことが分かります。

概算を目安にすることで、そういった「見積の違和感」を感じることができます。

営業ペースに呑まれずに、リフォーム計画することができますね。

概算と業者

お客様にとっての「概算」はリフォーム計画の目安になります。
なので、リフォーム業者に対しても「概算で教えてもらえるかしら?」と問い合わせますよね。
僕も「概算でいいから教えてよ」とお声がけいただいたことは良くあります。

しかし、業者側としては
あくまでも「概算」としてお伝えしたのに「〇〇円でできると言ってたでしょ!」と言われることがあるので
「概算」でお伝えすることをあまり好みません。

概算をお伝えした後に、実際に現場調査をしてお見積すると「概算」より高くなることもあります。そんなとき「〇〇円って言ってたのに!」とこのようなトラブルになるのをなるべく避けたいと、概算ではなく詳細見積りに徹しているケースが多いです。

まとめ

業者としてはトラブルは避けたいですが、まったく概算が分からないままでもいけません。
概算はやはり必要だと思います。
目安としてご活用いただけるように、概算をこのブログにアップしていこうと思います。

以上 リフォーム見積もり、金額の「概算」って必要??でした。

コメント