リフォームは手間がかかるの「手間」とは?

「リフォームは手間がかかるので、新築に比べて施工費が割高になります。」

と、営業の頃によくお話ししていました。

この「手間」が、具体的にどういうものかはなかなか分かりにくいと思います。

手間には2つあります。

・リフォーム特有の「住みながら工事」の場合の手間

・建物自体の「劣化」による手間

この2つが「手間」になります。

住みながら工事による手間

1つは、いっきに解体ができないこと。

住みながらのリフォームだと、いっきに解体ができません。

一部屋単位に工事をしていくと、大工・水道・電気・クロスなどの各業者さんも一部屋単位に来てもらうことになり、その分工費がかかります。

また、工事によるホコリが他の部屋に飛ばないように養生したり、通路になる廊下も養生したり、資材の運搬に時間がかかったり、といった手間が出てきます。

建物自体の劣化による手間

もう1つは、年数の経過による劣化などによる手間です。

よくあるケースは地盤沈下による建物の歪みです。

地盤沈下は床のビー玉がコロコロ転がるような大きなものから、数ミリ単位の小さなものまで様々。

全く地盤が沈んでいない建物の方が珍しいくらい、よくあります。

地盤が下がると基礎が下がります。

合わせて床にが傾き、壁も傾き、柱も下がります。

柱が下がると屋根も下がります。

リフォームはその傾きに合わせて施工するため、新築に比べて多く手間がかかります。

例えば、傾いた壁にあたらしい壁を上から貼り付けて、そこに家具を置いたら…

傾いた壁に真四角の家具を取り付けると隙間が大きく開き、固定できません。

そうならないために、傾いた壁をまっすぐになるよう調整します。床も調整します。こういったことが手間となります。

壁を張ると見えない下地はこうなっています。

もともとの建物の柱が傾いていたので、柱とは別に下地を作り、壁の垂直を合わせました。

柱は傾いたり、反ったり、ねじったりと、生き物なので真っ直ぐなほうが少ないです。

一本一本調整しながら、壁を作るので、ここでかなり手間がかかります。

土壁で釘がきかない、もともとの柱が反っている。ひとつひとつチェックして下地を作るので、新築に比べて3倍ほど手間がかかることもあります。

まとめ

リフォームの「手間がかかる」とは、新築に比べてということです。

リフォームを選ぶということは、新築とは違う価値を選ぶということ。金額だけを見て、「新築と比べて手間がかかる!」とご説明してたのが恥ずかしくなりました。

手間がかかる、ではなくて、「手間をかけてリフォームを選ぶ」ですね。

以上

リフォームの「手間がかかる」の手間とは?でした!

コメント