スポンサーリンク
↓お知らせ↓
名古屋市の古民家・町家の施工会社

名古屋市東区に施工会社をオープンします!!

サイディングもプレカット

大工

今回の現場で楽しみにしてることがあります。
それはサイディングのプレカット!

ポピュラーな外壁、サイディングにも
プレカットが増えてきたんですね。

住宅の骨組みは、今やプレカットが当たり前。図面通りに加工できるからです。
ところがサイディングは、図面通りにいきません。現場では数ミリの誤差が必ずあるからです。
だから現場で職人さんがカットして張っていくのが主流でした。

確実に採寸!

サイディングのプレカットは難しいと思うんです。
なぜかというとパイプとか窓とかの寸法をきっちり出さないと、ずれてしまうからです。


現場の壁にはこんな穴が数々あります。
窓だって、電気の配線だって測らないといけません。

基準はひとつに決める

正確な採寸は「基準をひとつ」に決めること
基準を決めて、そこからの寸法を取ればいいんです。基準はひとつに絞ります。いくつも基準があると、それだけで誤差の原因に。
サイディングの基準は
水切りと、角。

高さの基準は、基礎の上の水切りからと決めて、全てそこから寸法をとります。
基礎から屋根まで10m近くもミリ単位で確実に採寸します。

これだけの距離だと、メジャーが少しでも斜めになってたら1cm程度はすぐズレます。
サイディング職人さんと、メーカーさんの2人で約2時間ほど採寸してました。

図面はメモでいっぱい。
後日、この採寸でプレカットされたサイディングが工場から届きます。
楽しみです!

コメント