釘打ち機のサイズ 選び方

釘打ち機の90サイズと75サイズと65サイズの絵

50、65、75、90

どれを持つべきか(全部持っていればいいんですが…)

個人的な結論!

  • 予算に限りあるけど全てのサイズのロール釘を使いたい=65と90の釘打ち機 (*ただし危険あり)
  • 新築で75の出番多い=65と75の釘打ち機
広告

65と90の釘打ち機を選ぶ

予算に限りがあるけど、全てのサイズのロール釘を使う場合は最低65と90の釘打ち機があればなんとかなります。

釘打ち機の90サイズと65サイズの絵

45、50、65、75、90のロール釘を全て扱えます。ただ、90の釘打ち機は本体サイズが大きく重いので取回しが大変。狭い場所では扱いにくいです。反動も大きい。間柱間を釘打ちするとき、反動で本体が間柱間でバウンドして2〜3連発連射してしまい手元狂って指を打つことあります。

反動で手を打つとかなりの大怪我です。

大怪我です。なので75ロール釘を90のガンで頻繁に打つのはお勧めしません。

広告

65と75の釘打ち機を選ぶ

釘打ち機の65サイズと75サイズの絵

新築メインでN75ロール釘の出番が多い場合は、65と75の釘打ち機の二種類を選ぶのも手です。

  • 50ロール釘は65の釘打ち機で打つ
  • 90釘は手打ちかビス 

90は手打ち釘がビス打ちにする

90釘がたまに必要だけど、そんなにたくさん使わないなら90は釘を手打ちかビスにします。

50ロール釘は65の釘打ち機で打つ

50のロール釘、とくにN50のロールは、50の釘打ち機で打つより65の釘打ち機の方が調子がいいです↓

なぜなら50の釘打ち機でN50ロール釘を使うとロールがハウス内で引っかかるからです。

65の釘打ち機を使って、細釘50ロールか細釘65ロールで、30×40材のぬい釘などをします。

もしも胴縁打ちや縫い釘で50や45の細釘ロールをよく使うなら、コンパクトタイプの釘打ち機を追加した方が良いと思います(N釘は打てない)↓

N50ロール釘を打てる50の釘打ち機を買うのはもったいないと思ってます。

広告

落ち着いたのは65と75

釘打ち機の75サイズと65サイズの写真

50.65.75.90 全てを持っていて、落ち着いたのは65と75です。

50は65でカバー

もともと50の釘打ち機は非常によく使いました。65を買うまでは。50の釘打ち機でN50ロール釘を打つと、ロールがハウスに引っかかるのです。なので65でN50のロール釘を打つようになりました。その方が引っかかりもなく、打ち込む力に余裕もあるので調子がいいです。

釘打ち機の50サイズ
お蔵入りしてしまった50の釘打ち機

30×40材料のぬい釘は、細釘の50や65のロールを使っています。

75は一番出番が多い

  • 間柱、筋交いの固定
  • 剛床(24mm合板など)を150mmピッチで打つ
  • 天井下地30×40材を壁に打ちつけ固定
  • 壁の入隅に30×40材を固定

かなり出番が多いです。90の釘打ち機ですべて代用するのは大変です。

新築なら75の釘打ち機は必須です。

65の釘打ち機も便利。

コメント