スポンサーリンク

子供部屋「ロフトのある男の子の部屋」

Works

子供が大きくなってきたら、個室を考えるころ。

今回は、4月に小学生になる男の子のためのお部屋です。

・面積 7.3㎡(4畳半)

子供の憧れ、ロフトスペース。

ロフトスペースの下は収納に。
4畳半という省スペースでも、ロフトを活用すれば

・ベットスペース
・デスクスペース
・収納スペース

をしっかり確保できます。

収納の上を段板にして、なるべくハシゴの長さを短くしています。

素材はパイン。無垢材です。

ブラックのつや消し、自然系塗料です。

壁は「クロス」パッと見はコンクリート打ちっ放し。

モダニズムあふれる子供部屋になりました。

・リフォーム参考価格

一般的に子供部屋改装といえば、ただ間仕切り壁をつくるだけが多いです。
Bulbulでは、ただ単純に「壁で仕切る」のではなく、こどものクリエイティビティを育むような部屋づくりをご提案しています。

子供たちにワクワクするような部屋をお考えなら是非お問い合わせください。

Bulbulへのお問い合わせはコチラ

お問い合わせ

コメント